いないときも頑張れたことが 今になって自信になって 
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思い出して。
下で本のことをちょこっと書いたら、
「この人を忘れてはいけないでしょう」ってくらい
私がすごくすごく大好きな作家さんについて全く触れてないことに
とある身近な人のブログを読んで気づいちゃったので
こっから先はその作家さんについて延々と書きます
興味ない人にはとことんつまんないと思うので
こっから先はスルーしてください
angel.jpg

1~2年前からだーいすきな作家さんです。村山由佳さん。
(サイトはここ
恋愛小説が主だけど、それぞれの作品の恋愛比重?
(物語の中の恋愛が占める割合)みたいなのはさまざまで
とことんラブストーリーなのもあれば、
主人公の夢とか生き方を考えるところが主で、
恋愛はそれを盛り上げるためのいわゆるちょっとした隠し味だったりするものまで色々です。
彼女の本は本屋さんで見つかる限りほとんど読んだけど、中でも一番好きなのが多分これ。
『天使の卵』という作品です。『天使の梯子』って続編も出ました。
彼女の作品はなんでか男の子(私達と同年代くらいの)が主人公な話が多いです。
(でもそれは私が『おいコー』シリーズにどっぷり浸かってるからなだけかも…)
何にしても彼女は男の子の心情を描くのがうまいと思う
私は女だし、男子の気持ちがどこまでわかってるんだかイマイチ自信はないけど笑
でも彼女の描く男の子は色んな意味で期待を裏切ってくれるし笑
女の子にはない、男の子だけが持ってるイイ所をちゃんと表現してるような気がします。
私が今まで出会った、村山さんが好きっていう人はみんな男の人です。
(4Fに2人もいたとは驚き笑)
やっぱり男の子目線で描かれてるから読みやすいのかなぁ…
ちなみにこの『天使の~』2冊はせつない系恋愛小説なんだけど
どっぷり恋愛系が苦手って人にはこれがオススメです
WING.jpg

アリゾナが舞台だけど、私はこれをアフリカで読んでました。
広大な台地って意味では一緒だったから
長編だけど長さ忘れてガンガン読めます
登場人物が多くてちょっぴりシビアな部分もあるけど、深い意味でおもしろいからオススメです。
私は自他ともに認めるリアリストなので笑、
下の記事でも言ったみたいにSFとかファンタジー系はあんまり読まないんだけど(最近はハリーポッターさえも挫折しました
彼女の書く登場人物たちは、いつも現実をまっすぐ見据えてると思うの。
彼らはもちろん私たちと同じで、色恋沙汰で他人から見たら何てことない些細なことでくよくよしたり、将来について悩んだりして、逃げたくなるときももちろんあるんだけど最終的には自分で光を灯して希望を捨てずに生きてるって感じで、読んでてすごく気持ちがいい
主人公がたいてい同年代っていうのも大きいのかなぁ
文章自体は割と淡々としてて、電車の中でもどこでも気軽にサクっと読めると思います
※ちなみに上でちょっと言ってる『おいコー』シリーズっていうのは
彼女の『おいしいコーヒーの入れ方』っていうシリーズ作品で主人公は大学生の男の子です
『天使の卵』は近々映画化されるみたいです

なんだか彼女のことだけでほんとうに延々と語っちゃったけど
それくらいオススメなのでちょっとでも興味持ってくれたらウレシイです
(本屋さんで”む”のコーナーの近くを歩いたときには是非チェックしてください笑)
それにしても、自分と同じ作家さんが好きって人を見つけると嬉しいもんだねぇ
しかも結構身近にいることが多いっていうのが逆に新鮮だったりね
これからそういう人たちにたくさん出逢うためにも、色んな本をいっぱい読みたいなって思いました
オススメの作家さんとか本とかあったら是非②教えてください
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメント残していってくれてありがとうv-238お恥ずかしいですがリンク貼ってくださいなv-221私もリンク貼っていい?
るりな[URL] 2005/08/31(水) 23:45 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 FunnyFace at Tiffany's. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。