いないときも頑張れたことが 今になって自信になって 
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のらりくらりと。
sky

昨日は家でまったりしよぉと思ったのに・・・
出かけた場所が、これがまたまたオモシロイのです笑
ついつい去年の今ごろを思い出しちゃったよ。
やっぱりつくづく思うのは、私って動物好きなんだなぁってこと
前は全然そんなこと思わなかったのに、やっぱり去年のあの出来事は衝撃的だったんだなって
行くまでは全然ウキウキとかしてなくって、むしろノリ悪いくらいだったのに
あそこで何日か過ごしてる間に、ほんとに何かにめちゃくちゃインスパイアされてて帰る頃には人生観が変わってたすごすぎ
うだうだ悩んでたこととかいちいち気にしてたことがどうでもよくなれて、なんかこう、自分の心の周り張り巡らしてたやっかいな鎖がガッシャーンってちょっと解けた感じがした。
どんなに目を凝らしても、電線もない、信号もない、もちろん高層ビルもない
でもその代わりにあるものの存在感が、もぉ圧倒の一言で。
「感動した」とかそんな言葉が陳腐に思えて何も言えなかったよ
よくカメラマンさんの言葉で「シャッター切らずにはいられない」みたいなのあるじゃないですか。
あの気持ちがめちゃくちゃよく分かったの。
私は写真のこととか全然よくわかんないけど、今自分の目の前で起きてる何かを
とりあえず残さなきゃっていうか(別に誰に見せる見せない関係なしで)。
簡単に言えば「時間が経ってもまた同じモノが観たい」ってことなんだろうけど。
でもやっぱり実物と写真とが「同じ」なわけはないのね。自分の目に焼き付いてる風景とか出来事と全く同じ瞬間の写真を見てもあのときと同じ衝撃はもちろんないし。
じゃあなんでわざわざ写真に残すのかって言ったら、ちょっと前の文に戻るけど
『とりあえず残さなきゃ』な対象があるからじゃないやっぱり。
そぉいうものにこれからもいっぱい出逢いたいです(結論笑)

なんだか長々とヒトリゴト言っちゃった・・・ここまで読んでくれた人ありがとぉ
話全然変わるけど、おとといの夜のは相変わらず楽しかったよ
人生はサバイバルさぁ
私の相変わらずな愚痴をわかってくれて毎度②アリガトウです

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 FunnyFace at Tiffany's. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。